島根の石見銀山-日本有数の巨大な世界遺産を巡る

石見銀山は島根県出雲を代表する観光地で、鉱山遺跡としてユネスコの世界遺産にも登録されています。

鎌倉時代末期に発見されてから江戸幕府が支配するまでの期間、銀山を巡り数々の戦が行われてきました。採掘された銀は戦国大名の軍資金として、また江戸幕府の財源としても使われていました。海外にも輸出されアジアやヨーロッパー諸国を交易で結ぶ役割の一端を担いました。

鉱山の遺跡や町並みの史跡などをじっくり見学することができる歴史的価値の高い文化遺産です。

詳細情報

名称石見銀山
フリガナイワミギンザン
ジャンル観光 スポット 
住所〒 島根県大田市大森町
アクセス●JR山陰本線大田市駅から石見交通バス(大森・大家線/大森・大家方面)約30分、大森下車
電話番号0854-89-9090 お問い合わせ先 大田市観光協会 大田市大森町イ826
FAX番号0854-89-9089
ホームページhttp://www.ginzan-wm.jp/
QRコード 島根の石見銀山-日本有数の巨大な世界遺産を巡る

口コミを書く

メールアドレスが公開されることはありません。お名前はニックネーム可。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「口コミを送信する」ボタンを押してください。