島根の松江城-今もそのままの天守が残る国宝について

松江城は千鳥城とも呼ばれ、山陰地方で唯一現存する天守閣として
有名な観光地です。平成27年には国宝にも指定されています。
豊臣秀吉に仕えた戦国武将である堀尾吉晴が5年の歳月をかけて
1611年に完成し、その孫の忠晴が初代城主となって城下町の発展に尽くしました。
中でも見どころは天守閣で5層6階約30mの高さがあり、最上階の天狗の間からは
大山や宍道湖の素晴らしい景色を眺めることができます。
また松江城周辺の散策路にあるお茶屋さんでは名物の「ぼてぼて茶」もいただけます

詳細情報

名称松江城
フリガナマツエジョウ
ジャンル観光 スポット 城
住所〒 島根県松江市殿町1-5
アクセスJR松江駅からレイクラインバス10分、松江城(大手前)下車
一畑電車松江しんじ湖温泉駅から徒歩20分
一畑電車松江しんじ湖温泉駅から市営バス(北循環線内回り)5分、県庁前下車徒歩5分
電話番号0852-21-4030 松江城山公園管理事務所
ホームページhttp://www.matsue-tourism.or.jp/m_castle/
営業時間 【本丸開門時間】4月1日〜9月30日 午前7時〜午後7時30分 10月1日〜3月31日 午前8時30分〜午後5時 【天守閣登閣時間】 4月1日〜9月30日 午前8時30分〜午後6時30分(登閣受付は午後6時まで) 10月1日〜3月31日 午前8時30分〜午後5時(登閣受付は午後4時30分まで)
定休日年中無休
駐車場大手前駐車場・・・普通車 48台、大型車 8台 城山西駐車場・・・普通車136台、大型車11台 ※普通車:1時間未満 300円、1〜3時間 500円、3時間以上 800円  大型車:4時間未満 1,500円、4時間以上 3,000円
QRコード 島根の松江城-今もそのままの天守が残る国宝について

口コミを書く

メールアドレスが公開されることはありません。お名前はニックネーム可。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「口コミを送信する」ボタンを押してください。