島根の旧大社駅-今に残る大正ロマン駅舎を楽しもう

島根の旧大社駅舎は重要文化財に指定されており、日本建築二百選にも選ばれています。

大正ロマンを感じさせる宮殿風の木造平屋建ての建築は出雲大社の門前町にふさわしい造りになっており、明治45年に開業され大正13年に改築されました。

今も残る線路には通称「デゴイチ」と呼ばれるSLの車両が保存され、訪れた観光客はタイムスリップしたような感覚になり、出雲大社の表の玄関口として活躍した時代に思いを馳せることができます。駅のすぐそばにあるカフェも素敵で、鉄道ファンにも人気があります。

詳細情報

名称旧大社駅
フリガナキュウタイシャエキ
ジャンル観光 スポット
住所〒 出雲市大社町北荒木441-3
アクセスR山陰本線出雲市駅からバスで約20分。 バス停大社駅通りから徒歩1分
電話番号0853-53-2112 問い合わせ先 出雲観光協会 出雲市大社町修理免735-5
FAX番号0853-53-5856
営業時間9:00〜17:00
定休日なし
駐車場普通車:45台 大型車:5台
QRコード 島根の旧大社駅-今に残る大正ロマン駅舎を楽しもう

口コミを書く

メールアドレスが公開されることはありません。お名前はニックネーム可。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「口コミを送信する」ボタンを押してください。